1. トップページ
  2. 記事
  3. 脱保湿は本当に続けられる?その価値がある?

脱保湿は本当に続けられる?その価値がある?

【脱保湿歴】3ヶ月

20代

脱保湿は今はしておりません。しっかり保湿をしてあげることで、皮脂は減りましたし、洗顔方法を見直して、化粧水もさっぱりタイプではなく、しっとりタイプで保湿することでにきびは劇的に改善されました。朝は洗顔料を使わず、皮脂を取り過ぎないようにしています。

【脱保湿歴】2か月ぐらい

50代

止めてしまいました。切っ掛けは、たまたまオールインワンジェルを頂いたからという安易ものですが。以前、化粧品にかぶれて皮膚科を受診した時に、化粧水も僕ら医師からすれば余分な物だと医師に言われたことがあります。これはこの先生の極端な意見かもしれませんけど、色々と塗り過ぎはやはり良くないと思います。オールインワンジェルを使い始めて、しばらくたちますが肌の感じは良いと思います。たdし、シミはなくなっていませんし、くすみに関してもまだ実感はありません。

【脱保湿歴】2年

48歳

この秋にやめました。脱保湿をする前と同じ保湿クリームを塗ってます。肌のガサガサはすぐに解消されました。ハリがなくたるんだ?などは、いま美顔器を使ってせっせとリフトアップしています。肌状態はいいです。洗顔は脱保湿の頃と変わらず、石鹸のみで済ませています。一度やめてみると、肌に必要な分がなんとなくわかるというか、様々ある化粧品の中から自分にあったものを選べるようになった気がします。まったく保湿しないのもよくなし盛りすぎるのもよくない、何事もほどほどだなと感じました。

【脱保湿歴】2か月

40代

取りあえずあと1か月続けてみようと思っていますが、変化がなければ保湿に戻るつもりです。私自身はやはり保湿で潤いがある方が肌には良いように思います。お風呂上りの濡れた顔にワセリンを塗りこむ方法は、肌の保湿にはお勧めでした。脱保湿で効果が表れない場合は、また以前のスタイルに戻るつもりです。

【脱保湿歴】半年

30代

乾燥肌で悩み始めると、つい保湿する事しか考えられなくなります。ネットで検索しても保湿重視のアドバイスばかりで、本来の肌の治癒力については、あまり言及されていません。でも本当に大切なのは、乾燥肌=保湿ではなく、何も塗らない脱保湿で、一定期間、肌を休めることです。

【脱保湿歴】2ヶ月間

29歳

保湿のしすぎはよくないけれど、ある程度の保湿は必要だと感じたので、現在は保湿を、お風呂上りの一回はするようにしていて、洗顔後は化粧水はつけるけれど、乳液は夜に一度と決めてするようにしています。保湿をすることは大切です。

【脱保湿歴】半年

26歳

続けています。化粧さえしなければ、保湿をしないでもいられるのではないかな、と、考えています。肌のために、と考えた保湿で、逆に肌にトラブルを起こしていたら、矛盾ではないでしょうか。実際に化粧をせずにいられる人は少なさそうだと、インターネットを見ていて感じましたが、肌が綺麗になれば、化粧をしなくてもどうにかなるような気がしています。

【脱保湿歴】二週間

50代

現在は、肌の状態が落ち着いているので敏感肌用の保湿剤を使ってます。やはり加齢の影響もありますので保湿ケアは必要だと思ってます。保湿ケアを再開しだしてからは、乾燥が目立っていた肌も潤いを取り戻しました。適度な保湿は潤いを一定に保ち肌を安定させてくれます。保湿のやりすぎは、かぶれ等のトラブルを招くこともあります。化粧品の成分や肌につけた時の感触は大切なチェックポイントだと思います。

【脱保湿歴】2年程

25歳

勿論脱保湿は今でも毎日、朝と晩必ず怠らずに続けています。保湿のやり過ぎの人達に言いたいのは、オイリー肌の人は無理やり素肌に脱保湿をしない事をお勧めします。元々、顔全体に油分があるので脱保湿をしてしまうと逆にニキビや肌トラブルのもとになってしまうので、オイリー肌の人はサッパリタイプの化粧品一式を使用するか、使う量を適量にして使うのをお勧めします。どんな肌質にも言える事は保湿は最低限はしなくてはなりません。素肌に潤いをあげてこそ極上の美肌は出来るのですから。

【脱保湿歴】1ヶ月

29歳

続いていません。私の場合、乾燥している肌をそのままにしていると、痒みを引き起こし、掻いてしまい、またさらに痒くなるという負のスパイラルに陥ってしまったからです。今は、自分の肌に合う海外製の保湿ローションに出会い、肌の状態は改善しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加